眉毛 形一覧

男の眉毛の形

眉毛カットですが、最近では眉毛のお手入れも男性の身だしなみのジャンルのひとつになっているようです。「最近では」と断ったのも理由があります。それは、昭和の50年前半にはまだそんなに「眉毛をカットする男」はいなかったからです。

どうして昭和の50年前半にはまだそんなに「眉毛をカットする男」はいなかったと言えるのかというと、漫画(マンガ)やアニメのキャラクター(登場人物)を見てください(思い出してください)。昭和40年前後といえば、例えば「巨人の星」の星飛雄馬や「タイガーマスク」の伊達直人を思い浮かべてください。「凛々しい(←”りりしい”と読みます)」眉をしています。また、昭和50年代を代表する「宇宙戦艦ヤマト」でも「古代進」の眉もかなり太目です。

それが、昭和50年代も後半の「起動戦士ガンダム」では「アムロ・レイ」はカットしているのか、少し細い眉の形になっているのが分かります。このことから世の男性が眉の形をカットし始めたのは昭和50年後半からと推測することができます。ちなみに両津勘吉氏は最初から太い眉毛です。

続きを読む

眉毛カットの手順

眉毛カットがはじめての男性のための手順を紹介します。

(1)ブラシで毛の流れに沿って整える。
(2)自分好みのデザインを眉ペンシルで書く(眉毛の一番高いとこは自分の眉に合わせるようにすると良いでしょう)。おでこ側は自分の眉のラインを優先し、手を加えるのは眉毛の下の方だけにする。
(3)自分で書いた眉毛のラインから明らかに外れる眉毛の下の毛はハサミで切るか毛抜きで抜く(抜くときは毛の流れる方にひっぱるとあまり痛くないと言われます)。
(4)のライン上で書いたラインから外れている眉毛をはさみで切る、またはカミソリで剃る。
(5)ペンで書いた理想の眉毛のラインあとを消して、眉毛の形に納得できたら終了。眉毛の毛足が長いときは、ラインからはみ出たものをコームで上から下にまたは下から上に押さえ、はみ出たものをカットするとよいでしょう。

眉毛を決めるのも難しく、左右対称に作るのも難しいので、まず美容院で整えてもらいその形を維持するのも一つの手かもしれません。

また、眉切り用のはさみとコームが一体となった専用のはさみもあります。これを使うのも上手にこなす方法ですね。さらに、この専用はさみ「左用」「右用」の二種類あるものがあります。一度に左右両方処理するためでなく、眉毛を左右上手にカットするにはかなり便利なグッズです。

続きを読む

眉毛の形の流行

眉毛カットの形には当然流行があります。今大人気のアイドルや女優さんのデビュー当時の映像のDVDが100円ショップで販売されていましたが、パッケージ写真を見ると今の彼女たちとかなり異なることがありビックリすることがありませんか??

メイクが変わっただけでなく、眉毛の形も変わっている方もいらっしゃいます。ほとんど横一文字だった時代と、ひらがなの「へ」とよく似た形の時代があるからです。何年か前には人気アイドルや人気女優の眉毛テンプレートが店頭にありました。そのころは、安室奈美恵型テンプレートや飯島直子型テンプレートが眉毛の形の人気商品で、品薄ということでした。

男性用の眉毛テンプレートはまだなかったようですが、いまなら「ハンカチ王子」型とか「メジャーリーガー」型とか「剛球投手」型がありそうですね。男性が眉毛カットすることがはやり始めたころは彼女にお願いして、形を整えることも一緒に流行っていました。やっぱり誰かにしてもらうのが一番いいと思いますが、あなたは自分でしてますか?

続きを読む

サイトTOPへ

スポンサードリンク